読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしくころして

シャドーバース勝てません

遊戯王WCS2016西日本選考会レポート(前編)

レポート

7/2(土)遊戯王WCS2016選考会(大阪)に参加してきました。

前編では選考会の流れや会場の様子を紹介し、対戦やデッキについては後編に書きたいと思います。

 

今回は選考会に行った事無くてどんな感じか気になる方や

1週間後の東京選考会に参加する前に予習したい、という方にぜひ見てもらいたい内容となっています。

 

 

(7/2)大阪選考会会場

※対戦会場内は撮影禁止となっていたため拾い画像での紹介となりますがご理解ください。

 

場所は、大阪市中央区にある大阪マーチャンダイズ・マートビル

通称「OMMビル」

f:id:peroshirako:20160703171616j:plain デカイ

僕は今回初めての選考会なのですが、身内に聞くと選考会では毎年お馴染みの場所らしいです。

 

会場はこのビルの1階の大型会議室でした。

f:id:peroshirako:20160703194901p:plain

★撮影に協力してくれた⇒ ボンバー(@bonber_ynsk)さん | Twitter

 

受付時間は8:30~9:00

参加者は受付で書類3点を提出し、コナミIDカードと身分証明書で本人確認を行います。

f:id:peroshirako:20160703172708j:plain

選考会案内状、参加意思確認書、デッキシート

参加者署名の右側にめっちゃうっすらと「印」と書いています。

めっちゃ分かりにくいです。選考会前日、当日にTwitter上で「【募集】印鑑!!」というツイートが多く見受けられました。

f:id:peroshirako:20160703172805p:plain

書類提出し、本人確認ができたらネームプレートとデッキケース、スリーブを受け取ります。

f:id:peroshirako:20160703173950p:plain

ネームプレートは参加者確認のため、大会中は着用が義務付けられています。

残念ながら参加者以外の方は建物内に入ることはできますが会場には入れません。

f:id:peroshirako:20160703174013p:plain

デッキケースとスリーブ、大会後は持って帰っていいそうです。

ちなみに僕が見た感じでスリーブは2種類ありました。上の写真にあるスリーブと

f:id:peroshirako:20160703174410p:plain裏面スリーブの2種類

何か意味があるのかな?(もしかして1回戦の有無?)なんて考えましたが、特に理由はなくランダムに配られていたようです。

デッキーケースとスリーブを受け取ると対戦テーブルに案内され、そこでデッキをスリーブに入れる作業を行います。

ちなみにトークン用のカードですが、対戦風景の撮影を行う都合上、他社のカードゲームや他社のキャラクターが描かれているものは使用してはいけません。

f:id:peroshirako:20160703175358p:plain

ただの丸が3つ書かれただけですが、多分だめです。

公式のアナウンスではデッキケースに入っている3枚のセパレートを使用することをオススメしていました。

僕も「やべっ!ABCだからトークン必要ないけど用意しとけばメタルフォーゼ警戒させれるじゃん!持って来ればよかった・・」

と思いましたがおかげで変な小細工せずにすみました。

デッキをスリーブに入れたらスタッフに提出します。

 

 ~開会式~

本戦開始予定が9:30でしたが、受付に時間がかかってしまい9:30頃に開会式が行われました。(受付⇒プレイヤーのデッキ作成⇒スタッフのデッキチェックの時間を考慮すると仕方ない気もします。)

開会式では大会形式(トーナメント)、大会諸注意と世界大会の案内と参加賞の紹介がありました。

f:id:peroshirako:20160703182142p:plain

このプレイマットは8月ごろ郵送で貰えるそうです。当日は実物を見ることができましたが画像で見るより色合いが鮮やかでカッコよかったですよ

選考会に参加した人のみもらえます。ブロック代表を取り選考会不参加ではダメっぽいので注意しましょう。

選考会参加者の人数は一般の部、小学生の部合わせて175人

つまりプレイマットも世界で175枚ということになります。

イラストもいいので結構なお値段になりそうですね・・

f:id:peroshirako:20160703182627j:plain

残念ながら毎年もらえていた世界大会プロモカードは廃止されたようです。

当日の参加賞は店舗代表戦で貰えるのと同じスリーブ20枚×2セットでした。

ブロック代表戦では20×3セット貰えたのに今回の方が少ないのは疑問だったり・・

スリーブは敗退した時にネームプレートと交換する形で引き換えとなっていました。

一回戦開始~~

お待ちかねの本戦開始です。大阪会場では参加者が85人くらい?(正確な人数が分かる方教えてください)

だったため64人になるよう一部の人だけで一回戦が行われました。スタッフが一回戦の選手を読み上げて呼ばれなかった人は一回戦免除です。

スタッフ「以上です」の後に「よっしゃ!!」という歓声が起こりました。一回戦があった人はドンマイです

(ちなみに一回戦免除でした(・∇・))

 

試合をしている人以外は参加者でも会場に入ることはできませんでした。そのため参加者のデッキタイプはバレにくくなってますね。

 

対戦席にはデュエルフィールド、電卓、ボールペン、メモ帳、時計等の対戦に必要なアイテム一式が設置していました。

f:id:peroshirako:20160703190935j:plain

デュエルフィールド、確か白色だったので実際の物とは異なりますがこんな感じのフィールドが敷いてあります。

 

★実際対戦した感想

・フィールドゾーンや墓地など普段使っている枠無しプレマと違って場所が指定されているのでちょっとやりにくかった。(特にデッキ位置が手前過ぎるのでテーブルから落ちそうで怖い)

・普段サイドデッキはエクストラデッキの上(↑画像のフィールド魔法ポジション)に置いているのですが、対戦中はデッキケースにしまうようルールに決められており、それが新鮮でした。(不正、トラブル防止のためだと思います)

・いい意味でピリピリとした緊張感漂う雰囲気でした。ギャラリーもいなくて会場内が静かなので対戦に集中できるのが凄くよかったです。

 

★余談ですが

開会式でコナミからアナウンスがあったのですが、会場のある一階には保育所があるそうで昼は「お昼寝時間」だから廊下では声のボリュームに気を付けてください。と言っていたのがなかなかシュールでした。

 

赤ん坊たちがYP言語の悪影響を受けて

 

「このたまごボーロはアバレ」

f:id:peroshirako:20160703200749p:plain

とか言いかねないので賢明な判断だと思いました。

 

後編では対戦内容と使用したデッキについて書きたいと思います。

結果から言うと【ABC】を使って4回戦敗退のベスト16でした。

書くことなくなりました。

続く

 

Twitterしらこ(@peroshirako)さん | Twitter

ブログランキング投票お願いします。