やさしくころして

安心してください。やさころですよ。

遊戯王世界大会2016を読む

f:id:peroshirako:20160828200944j:plain

8月20日~21日、年に一度の一大イベントである遊戯王WORLD CHAMPIONSHIP 2016がフロリダで開催されました。

日本からは

西日本代表のカジハラさん、ヤダさん

東日本代表のサトウさん、モミジさん

そして特別枠として昨年の世界大会優勝者のヒヤマさんが代表として参加されました。

 

今回は世界大会の要点解説+感想を書いていきます。試合内容についてはほとんど触れてないですが、当然ネタバレを含むのでまだ見てないよって人はこちらからどうぞ

 

すぐ↓の「世界大会制限について」の項目を事前に見ていただけるとより楽しめると思います。

 

★世界大会2016 一日目 予選スイスドロー

www.youtube.com

★世界大会2016  二日目 決勝トーナメント

www.youtube.com

◆世界大会制限について

f:id:peroshirako:20160822212040p:plain

世界大会の禁止制限はみなさんご存知かと思いますが、普段私たちが行っている遊戯王のリストとは異なります。2年前の世界大会より、日本と海外のレギュレーションを合わせた世界大会専用制限が定められました。というのも、日本と海外ではパックの発売時期にもラグがあり、最近ではパックに「日本限定テーマ新規」や「海外新規テーマ」があるためそもそもカードプールが別物なんですね。カードプールが異なると当然環境デッキも変わるのでレギュレーションも変える必要があります。

f:id:peroshirako:20160822213131p:plain

日本代表の4人が代表決定戦で使用したデッキは 【DD】と【ABC】、どちらもストラクチャーデッキが核となるテーマですが海外では未発売のため世界大会では使用できませんでした。ちなみに海外未発売である【メタルフォーゼ】、日本未発売の【kozmo】

その他世界制限で日本制限と異なっているカードの内、環境に影響を与えそうなものだけピックアップしました。カッコの中は日本での使用可能枚数です。

禁止デビルフランケン(3)チキンレース(3)ハーピィの羽根箒(1)死者蘇生(1)超融合(1)揺れる眼差し(1)神の宣告(1)ヴェルズビュート(3)ホープザライトニング(3)エアーマン(1)リリーサー(3)アポクリフォートキラー(3)

制限:レスキューラビット(3)ライオウ(3)次元の裂け目(3)マクロコスモス(3)成金(3)グラバースニッチ(3)クリフォートツール(2)スキルドレイン(3)
闇のデッキ破壊(3)カンナホーク(3)

準制限ガトルホッグ(3)

未発売国アリ使用不可外神ナイアルラ外神アザトート、同胞の絆、ギャラクシー・ワーム、銀河眼サイファー、クリスタルウィング

日本とだいぶ違いますね。 

注目すべきは

①日本よりも厳しく規制された【彼岸】

f:id:peroshirako:20160828181836j:plain

日本で規制されているガイド、スカラマリオン、ダンテに加えてグラバーとガトルも規制されています。また、ガイド制限によって日本で採用されるようになったギャラクシーワームが海外未発売のため使用できないのも痛手です。

クソゲー製造マシーンが禁止に

f:id:peroshirako:20160828175043p:plain

海外で禁止になっているデビルフランケンとリリーサーは世界大会でも禁止でした。

使用するだけで一気にゲームをつまらなくしてしまうカードを使用禁止にするのは素晴らしいことだと思います。日本でも早く規制してほしいですね。

f:id:peroshirako:20160828175513j:plain

「ワカル・チャージ」

なんで死者蘇生が禁止なのにこのカードが制限なんだろう

メタビ御用達の永続カードが軒並み制限

f:id:peroshirako:20160828175809p:plain

海外は永続に厳しいようです。

f:id:peroshirako:20160828180238j:plain

ハーピィの羽根箒が禁止というのも永続規制に影響してそうですね。ちなみに海外では大嵐も禁止です。日本で羽根箒が制限になった時は「羽根ゲー」「羽根を撃たれたら負け」なんて言葉をよく聞きました。環境の変化とツインツイスターの登場、メインに魔封じの芳香を採用するデッキの流行により今では羽根箒よりもツイツイを優先的にメイン採用したり、羽根箒自体メインにもサイドにも採用しないという妙な環境になりましたね・・どうなるジャパニーズ羽根箒

帝は日本と同条件、青眼はほぼフルパワー

f:id:peroshirako:20160828181736j:plain

海外にて滑り込みでストラクチャーデッキが発売され、世界大会使用可能であった青眼。死者蘇生が禁止、サイファードラゴンが使用できないくらいでほぼフルパワー状態です。この世界制限が発表された時に僕も青眼一色になるのでは・・?と思いました。

 

◆実際の環境は・・・

世界大会当日に日本代表選手が使用したデッキは

ヒヤマ選手【青眼】

カジハラ選手【オッドアイズマジェスペクター】

ヤダ選手【オッドアイズマジェスペクター】

モミジ選手【幻影彼岸】

サトウ選手【帝】

 

全体のデッキ分布としては

青眼⇒7

ペンデュラム(マジェ含む)⇒6

帝⇒3

彼岸(幻影)⇒4

マドルチェ⇒1

PSYフレーム⇒1

と各選手、多種多様なデッキを持ち込んでいました。

 

2年前のインフェルニティが優勝した世界大会のように日本とかけ離れた分布と言う訳でもなく(当時はシャドール環境だったので違和感だらけ、というか別ゲーム)応援している側も大盛況でしたね。

 

◆闇の護封剣、突然の裁定変更

f:id:peroshirako:20160822220306j:plain

今年の世界大会で多くのプレイヤーの記憶に残っているのはなんといってもこのカードではないでしょうか?従来の日本の裁定では、闇の護封剣の発動にチェーンして相手の場のモンスターが入れ替わったり(精霊龍、プトレマイオス、マスクチェンジ等)、リビングデットなどで新たにモンスターが追加された場合に効果解決時に相手の場にいたモンスターすべてが裏側守備表示になっていました。しかし、世界大会当日の8月20日の朝(フロリダでは前日)にこの裁定が変更になった(間違っていた)ことが判明Twitter上では大騒ぎになりました。

変更内容は

「闇の護封剣が裏側守備表示にするモンスターは発動時に存在していたモンスターだけであり、闇の護封剣の発動にチェーンして新たに相手の場に現れたモンスターは裏側守備表示にならない」というものでした。青眼に対して有効なメタカードとしてこれまで使用されていた闇の護封剣が唐突に弱体化してしまったのです。

 

そして世界大会1回戦・・

日本代表ヒヤマ選手【青眼】VS フランス代表Samir Bachar選手【マドルチェ】の試合でマドルチェ側がダークマター+霊龍に対して闇の護封剣を発動

 

これって・・・

中継を見ている多くのプレイヤー、そしてヒヤマ選手が思ったであろうこと

 

これゼミでみたやつだ

 

ヒヤマ選手は闇剣にチェーンして霊龍をリリース、青眼を特殊召喚する効果を発動。

裏にならない青眼、めっちゃ抗議する対戦相手。

f:id:peroshirako:20160822215953p:plain

結果:裏にならず

 

闇の護封剣「ま?」

 

闇の護封剣「皆既でよくね?」

 

皆既日食はデメリットが大きいので今後も闇剣が使われるシーンは多いと思いますが、ドンマイ闇剣。

ちなみにこの裁定は世界大会に参加真っ最中のプレイヤーが大会前にコナミスタッフから直接聞いた情報のようです。裁定が変わったのかそもそもこれまでプレイヤーが誤った解釈で処理をしていただけなのか、詳細は不明ですが8月20日、遊戯王界に激震が走ったのは間違いありません。Twitter便利、遊戯王も情報化社会なんですね。

 

◆言葉が伝わらないって難しい

f:id:peroshirako:20160822215923p:plain

 これは同じく1回戦の青眼VSマドルチェ戦。勝敗を決する3本目で事件が起きました。

マドルチェがフレシアとプディンセスアラモードを並べワンキルをしようとする場面、青眼の伏せはエクシーズユニバースです。防御のためにユニバースを通さなければいけませんがフレシアは罠の効果を受けないので手札のエフェクトヴェーラーをプレイしてフレシアを無効化、処理後にユニバースを発動しました。するとマドルチェ側がヴェーラーにチェーンでフレシアの効果を使用したかったが青眼がチェーン確認を怠ったと主張、ジャッジの判断で巻き戻し処理をすることになり、マドルチェ側は見えてしまったユニバースを意図的に発動できないようプレイし青眼を使っていたヒヤマ選手は敗北してしまいました。

f:id:peroshirako:20160828190430p:plain

試合現場の音声がないので真偽はわかりませんがヴェーラーの発動時にマドルチェ側は手のひらを立てらせて前に出すしぐさをしており、このしぐさを「どうぞ」と読み取ってユニバースを発動したが、本人は「ちょっと待って」という意味で使ってたのかな・・と個人的に見てて思いました。真偽は分からないですけど言葉が通じないと今回のようなトラブルが起きてしまうので大変ですね・・・。

 

決勝戦のヒヤマ選手の対戦相手はチェーンなしの時に

f:id:peroshirako:20160828190911p:plain

ジェスチャーをしていたのが凄く好印象でした。わかりやすい

 

 

◆決勝戦は青眼ミラーでヒヤマ選手の2連覇達成

f:id:peroshirako:20160828191344j:plain

決勝戦はアメリカ代表のErik Godwin Christensen選手の手札事故が目立ち、一方的試合展開でしたが最後は霊龍と精霊龍の連打で会場を沸かせてのヒヤマ選手の優勝でした。やはり青眼のパワーが他のデッキよりも一つとびぬけていて大量のドロソでぶん回ったら手を付けられないという印象でしたね。

またマジェスペクターを使ったカジハラ選手が3位、同じくマジェを使用したヤダ選手、幻影彼岸を使用したモミジ選手がベスト8でした。おめでとうございます。

カジハラ選手は予選最終戦と準決勝でヒヤマ選手と対戦していて、日本代表同士がつぶし合いになるのは残念ですけど見ていて非常に手に汗握りました。

コナミの中継ではヒヤマ選手とカジハラ選手の試合が何度もうつされていたのですが他の選手の動画はないんですかね?特にヤダ選手は予選全勝通過にも関わらず一度も動画配信されなかったので残念です。実は中継以外にも動画を撮っていて後日公開!みたいな展開に期待します。

f:id:peroshirako:20160828175513j:plain

今年も大活躍!

◆おまけ

今年の世界大会のプレイマットです。拾い画像なんですがめちゃくちゃ綺麗ですね。

f:id:peroshirako:20160828193438j:plain

f:id:peroshirako:20160828193533j:plain

開催地がフロリダということでバミューダトライアングルケネディ宇宙センターをモチーフにしているようです。

f:id:peroshirako:20160828193908p:plain

バミューダトライアングル

f:id:peroshirako:20160828194138j:plain

ケネディ宇宙センター

 

「地球に飛び蹴りお姉さんマット」と「排水溝に詰まったおっさんマット」ではないようです。

f:id:peroshirako:20160828193438j:plain

最初はダサイと思ってたんですが改めて見てみると色鮮やかで結構かっこいいですよね。シブいぜ。

 

Twitterしらこ (@peroshirako) | Twitter

人気ブログランキング参加してます。投票お願いします。