読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしくころして

安心してください。やさころですよ。

影のデッキ破壊ウィルス被害者の会【前編】

10月8日発売のブースターパック『レイジング・テンペスト』に新たな破壊ウィルスカードである影のデッキ破壊ウィルスが収録されます。

f:id:peroshirako:20160922193952j:plain

通常罠
(1):自分フィールドの守備力2000以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。相手フィールドのモンスター、相手の手札、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
その内の守備力1500以下のモンスターを全て破壊する。 

 「死のデッキ」「魔のデッキ」「闇のデッキ」に続くウィルスであるこのカード、既存のウィルスは攻撃力参照でしたが、影ウィルスはコスト、適用範囲共に守備力を参照となっています。

f:id:peroshirako:20160922195156p:plain

まさか今の先攻環境でさらに先攻で有利になるカードがでるとは・・・驚きです。死デッキのエラッタとはなんだったんだろう。

 

死デッキは元禁止カードということもあって破壊効果だけでなく「相手はデッキから攻撃力1500以上のモンスターを3体まで選んで破壊できる。このカードの発動後、次のターンの終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。」という厳しいデメリットが付加されています。

竜剣士EM環境では竜剣士EMの採用カードの多くが攻撃力1500以上である事、竜剣士EMがデッキから墓地に落として美味しいカードが無い事から有効なメタカードとして彼岸が採用していました。(竜剣士EM側もゼピュロスや光と闇の竜、The big SATURN等死デッキを意識したカードの採用が見られました)

f:id:peroshirako:20160922200157j:plain

相手のカードの効果で破壊されたらお互いに2800ダメージを与える効果。死のデッキの効果でデッキから3枚落してお互いに2800×3⇒8400ダメージが発生するものの死のデッキの「次のターンの終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。」によって自分は守られ、死デッキを撃った側だけ即死するオシャコンボとして話題になりましたね。

話が脱線しましたが死デッキは攻撃力1500以上という遊戯王におけるアタッカーを消し去るほど強力な効果を持っていたために厳しい制約を付けられ、使いづらいメタカードとなってしまったのです。

今回登場した影のデッキ破壊ウィルスは守備力1500以下を破壊するカードであり、遊戯王のモンスターにありがちな「攻撃力や効果を強く設定する代償として守備力が貧弱なアタッカー」に対して死デッキ同様のダメージを与えるウィルスです。しかも、死デッキのような制約もなし!さくさく!快適!

 

ここでみなさんが気になっているのはもちろん

「環境デッキにどれだけ有効なの?」

だと思います。

 

今回は「影のデッキ破壊ウィルス被害者の会」にならないよう

・環境のどのデッキが影ウィルスを使ってきそうか?

・環境のどのデッキに影ウィルスが効くのか?

を考えてみました。

 

※まだ未発売であることと、筆者自身がすべての環境デッキを理解している訳ではないので、評価は一意見として参考にしていただければと思います。

 

環境デッキのみなさん

f:id:peroshirako:20160922204443j:plain

あれ・・?なんか今の環境デッキのモンスターの方がガン多くない・・・・?

 

①ABC

f:id:peroshirako:20160914000649j:plain

★影のデッキ破壊ウィルス被害者の会

f:id:peroshirako:20160922205042p:plain

ABCモンスターではAアサルトコアのみ破壊されます。ランク4を作るために必要なガジェットモンスター、フォトスラも破壊できますが、ガジェの破壊された時の効果によって別のガジェットが場に出てきてしまうためほとんどダメージがないと言っていいでしょう。

★魔で破壊できなくて影で破壊できるモンスター

A、ガジェット、フォトスラ

★影で破壊できなくて魔で破壊できるモンスター

B、C

★影のデッキ破壊ウィルスの媒体となるモンスター

f:id:peroshirako:20160922205128p:plain

メインデッキには居ません。そのため用意するにはランク4を立てる必要があります。この中で自然と入るモンスターだとリベリオンになりますが、先攻でリベリオン影デッキウィルスを放つよりもドラゴンバスターを立てたほうが相手のデッキを破壊できます。

【結論】

対ABCへの影デッキ⇒×

ABCの使う影デッキ⇒△(撃ちやすいけど、狙うほどじゃない)

②メタルフォーゼ

f:id:peroshirako:20160922205956j:plain

★影のデッキ破壊ウィルス被害者の会

f:id:peroshirako:20160922210029p:plain

f:id:peroshirako:20160922210043p:plain

上スケールのヴォルフレイム、スティエレンを破壊することはできませんがメタルモンスターの下スケールは全滅します。その他エキセン、ゴウフウ、兎、ラクーン等のサブギミックも根こそぎ落とすことができるため、かなり有効なのではないでしょうか。

★影で破壊できなくて魔で破壊できるモンスター

ティエレンくらい

ゴルドライバー、シルバード等攻撃力が高めで守備の低いモンスターが多いため魔デッキよりも有効だと言えます。

★影のデッキ破壊ウィルスの媒体となるモンスター

ランク3、ランク4等

メインデッキのモンスターのレベルの幅が広いため、撃ちにくいデッキだと言えます。

【結論】

対メタルへの影デッキ⇒◎(致命傷)

メタルの使う影デッキ⇒×(サブギミックを混ぜれば?しかし安定しなさそう)

③Kozmo

f:id:peroshirako:20160922211046j:plain

★影のデッキ破壊ウィルス被害者の会

f:id:peroshirako:20160922211133p:plain

※出て間もないデッキであるためくっそ弱いライオンもカウントしています。

上級モンスターは3種、下級は6種破壊できます。

軸となる下級はフォルミート以外全て破壊できるので一見有効なんですが上記の上級を巻き込んでしまうと結果的にフェルブラン等の下級をリクルートされてしまうためリスクを伴うでしょう。

★影のデッキ破壊ウィルスの媒体となるモンスター

f:id:peroshirako:20160922211443p:plain

出しにくい最上級と採用率の低い上級2種です。Kozmoはダークシミター自壊で他のKozmoにアクセスしやすいので影媒体として右の2種の内どちらかをピン刺しというのもそれなりに現実的なんじゃないでしょうか。

【結論】

対Kozmoへの影デッキ⇒△~〇(リスク有)

Kozmoの使う影デッキ⇒〇(それなりに現実的)

④DD

f:id:peroshirako:20160922212229j:plain

★影のデッキ破壊ウィルス被害者の会

f:id:peroshirako:20160922212330p:plain

f:id:peroshirako:20160922212354p:plain

ほとんど魔デッキと同じです。スワラル、ケプラー等の手札に握りたいカードが落とされるのでそこそこ効きそうですが、地獄門もありますし墓地効果も駆使するデッキなので勝ち確に持っていけるカードではなさそう。

★影で破壊できなくて魔で破壊できるモンスター

ラミア、オルトロス

魔デッキ、闇デッキの方がいいですね。

★影のデッキ破壊ウィルスの媒体となるモンスター

f:id:peroshirako:20160922212838p:plain

f:id:peroshirako:20160922212846p:plain

全てのウィルスを撃てるデッキことDD。影の媒体も豊富であるため影デッキを使いこなすデッキの1つとして君臨することになるでしょう。

【結論】

対DDへの影デッキ⇒△

DDが使う影デッキ⇒◎

 ⑤HERO

f:id:peroshirako:20160922214819j:plain

 ★影のデッキ破壊ウィルス被害者の会

f:id:peroshirako:20160922214920p:plain

魔デッキと違ってエアーマンも落ちます。サーチカードが多いので打ちどころが難しいですが、モンスターが並んだ状態で撃てれば致命傷を与えれそうです。激流葬の方がいいと思います。

★影のデッキ破壊ウィルスの媒体となるモンスター

 ランク4、ABCの項を参照

デッキのリソースがきわめて少ないデッキなので撃ってる余裕はないと思います。

【結論】

対HEROの影デッキ⇒〇?(撃ち所は難しそうだけどハマったら致命傷)

HEROの使う影デッキ⇒×

 

⇒続きます。

f:id:peroshirako:20160922222821p:plain

余談ですが・・・

遊戯王って対人ゲームなので手札や伏せが見えていなくてもその人のしぐさやチェーンを考えるタイミングで見えてないカードが何か想定できるのが面白かったり、難しかったりしますよね。

このタイミングでチェーン考えるってうさぎじゃん!とかやたら墓地確認してると蘇生カード握ってるのかな?とか

もちろん全てを鵜呑みにしてしまうのは危険ですけど(ABC相手にスタンバイ何か?と確認しながら壊獣を持っていそうな顔してると分離を許容できるかも)、分かり易いとゲームで不利になってしまいます。僕も結構思考がプレイに出てしまうタイプなので直したいと日々考えています。

この影のデッキ破壊ウィルスはフリーチェーン且つ普段見落としがちな守備力というステータスを参照にするカードです。有名なカードなのにテキスト確認をやたらしてると影デッキを伏せてるとバレてしまうかもしれませんね。決断を早くするためには経験と知識が必要だと思うので、これから流行るかもしれないこのカード、何に有効か見極めておきたいですね(・∇・)

 

Twitterしらこ (@peroshirako) | Twitter

人気ブログランキング参加してます。投票お願いします!