読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしくころして

悪いけどこのEXモンスターゾーンは1人用なんだ

~やはり最近のカードの高騰は間違っている~『エア・サーキュレーター』編

カード考察

f:id:peroshirako:20170103185639j:plain

「今日は、最近話題の高騰カード三銃士を連れてきたよ。」

 

「高騰カード三銃士?」

 

 

 

手札入れ替えの専門家「エア・サーキュレーター」

 

 

f:id:peroshirako:20170103205735j:plain

新テーマが出る度に「こいつ使われるんじゃね?」と価格が高騰しては「やっぱいらないじゃん」と押入れに片づけられる扇風機。収録がゲームの攻略本で販売終了しており、付属カードであるこのカードの再録も今のところないプレミア扇風機。デブリドラゴン等のサポートを受けやすい攻撃力0になぜかよく分からない風属性・水族という設定。ポケモンだったら第6世代あたりで登場しそうなコイツだが

高騰の秘訣はその効果にあった・・・・!!

①召喚成功時の手札交換⇒召喚権を使うがデッキエンジンの役割を持つことが出来、邪魔になりにくい

②破壊された時のドロー効果⇒最近やたら多い破壊してメリットのあるカードとの組み合わせで強そうに見える・・!!しかも強制効果だからタイミングを逃さないね

f:id:peroshirako:20170103210739j:plain

メタルフォーゼでも採用されてましたね。最近のカードはサーチ手段が豊富だけどその分サーチ先を素引きしてしまうとマイナスになってしまう。

そんな現代遊戯王の悩みを召喚権1つで解決してくれ、手札入れ替え効果を行った後はメタル等の今時の破壊+メリット持ちカードで割ってドローに変換してやろうという訳です。風属性レベル3なので今流行の十二獣を特殊召喚できるインヴォーカー、制圧で便利なトーテムバードにもなれるのもポイントです。とはいえメタルの場合1月の新制限でマジェスペクターユニコーンが採用できなくなったのでトーテムバードを作るために必要なラクーンの採用メリットは薄れてしまいましたが。

 

最近のテーマは召喚権を浮かせる作りになってますから投入も容易いんですね

で、どうして今のタイミングで高騰なんです?

1月14日に発売する最新弾に収録される「真竜」これまでのパックで収録されてきた「真竜皇」と相性がいいと考えられています。

f:id:peroshirako:20170103213456j:plain

真竜のフィールド魔法《ドラゴニックD》は1ターンに一度場、手札のカードを破壊して真竜カードをサーチできる強力なエンジンです。このデッキはアドバンス召喚した真竜モンスターの効果で真竜永続魔法、真竜永続罠を場に発動するテーマなので永続カードは素引きしなくても使える仕様になっており、サーキュレーターの効果で永続を戻し、回すためのカードを引き込むことで潤滑剤の役割が出来るようです。また、真竜永続魔法は《帝王の連撃》のように起動効果でアドバンス召喚を行うことが出来るのでエア・サーキュレーターを召喚しても竜皇の動きを邪魔することはありません。

さらに、真竜皇の効果とも相性がいいです。

f:id:peroshirako:20170103214244j:plain

真竜皇は手札にある時に起動効果を発動し、自分の場、手札のモンスターの中から自身と同じ属性のモンスターを1体以上含むという条件で2体のモンスターを破壊して特殊召喚することが出来るモンスター群です。

中でも風属性の真竜皇である《真竜皇マリアムネ》と言うモンスターが最新弾に収録されるのですが、このモンスターを特殊召喚するためにエアサーキュレーターは1体分にカウントすることが出来ます。マリアムネの特殊召喚条件を満たしつつ、破壊によってエアサーキュレーターの1ドロー効果を使うことが出来るので無駄が無いというわけですね。

ちなみに真竜皇の特殊召喚条件は「自身と同じ属性のモンスターを1枚含める」であるため、もう一体は属性を問われません。風属性のマリアムネを出す際はエアサーキュレーター+モンスター1体。他属性の真竜皇を特殊召喚する場合でも、真竜皇と同じ属性のモンスターを一体用意すればもう一枚はプラマイ1交換できるエアサーキュレーターでいいんです。

そして重要なポイントがエアサーキュレーターは「破壊された時、1ドロー」と言うテキストであるため、破壊される場所を問いません。

ドラゴニックDと真竜皇の破壊はどちらも手札、場から選んで行うため手札から破壊されてもドロー効果を使える点がエアサーキュレーターの相性の良さを際立てているんですね。

 

なるほど、まとめると

・ゲーム攻略本付属の限定カードで再録なし

・真竜の影響で高騰

・召喚時の手札入れ替えにより、事故の軽減、潤滑剤の働き

・手札、場から破壊された時の1ドローでアドバンテージの獲得

・風属性なので風真竜皇の特殊召喚に活用

 

ってことですね。

で、実際使われるんですか?

 

 

「・・・・。」

 

 

使われるんですか?

 

使えるカードだと思います。相性抜群ですしいい潤滑剤になるはず。

しかし、最近のコナミのテーマは完成度が高いので派遣社員で介護してあげなくても強いという傾向にあります。そのため潤滑剤であるコイツが本当に必要かどうかはプレイヤーの構築力と真竜皇、真竜のポテンシャル次第だと思います。

帝デッキのようにプレイヤーの研究の結果、爆発力よりも安定重視である超量帝に落ち着くという例もあります。

 

なので結論としては

持ってなくてもいいけれど、

持ってた方がいいカード。

 

仮に今使えなくても

夏の風物詩扇風機だけあって、また使える時が来るさ(再録されなければ)

 

それにしても2000円はたけぇわ

 

★サーキュレーター持ってる人は拡散すると幸せになれる。

にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ
にほんブログ村

★人気ブログランキング参加してます。